仕事と趣味は本質的に同じ!仕事と趣味の違いとは?

こんにちは、コーチの桑本です。

仕事のストレスをなくし、
幸せな人生を手に入れるためには
趣味を仕事にするのが一番です。

しかし、一般的には
「そんなことができるのはごく一部の人間だけだ。」
と、考えられています。

そこで今回は、
趣味を仕事にする方法について
詳しく解説していきます。

好きなことを仕事にして、
より充実した人生を手に入れましょう。

物質的に豊かになった現代人

最近「サピエンス全史」という本を読んでいます。

これはイスラエル人の歴史学者が書いた
ミリオンセラーになった本で、

人類が誕生した頃から現代に至るまでの、
文明の発展と人類の幸せに
焦点を当てて書かれています。

その本を読んでいると、
現代人は物質的にめちゃくちゃ幸せだな〜
ということが分かります。

木の実を拾ったり、
マンモスを狩ったりしなくても、
スーパーやコンビニに行けば手に入りますし、
家や服があるので冬でも暖かく暮らせますからね。

現代人は幸せなのか?

でもどうでしょう。

21世紀の今、幸せな人はどれほどいるでしょうか?

まあ、割と少ないですよね。。。

僕の感覚では、
50%の人が不幸ではないにしても、
人生に退屈さを感じながら
過ごしているような気がします。

では、
なぜそうなってしまうのでしょうか?

・・・

それは、

やりたくないことをやっているから

です。

やりたくないことをやっている私たち

考えてみましょう。

今の時代は
物質的に満たされているとは言ったものの、
家賃、食費、電気代、ガス代、ネット代、水道代
といった10万円から20万円のお金を
毎月支払わなければ
暮らしていくことが出来ません。

そして、そのお金を稼ぐためには
社会に価値を提供する必要があり、
その価値提供の行為を「仕事」と言うわけです。

ここでおさえておきたいのが、
仕事が悪いというわけではないということです。

仕事=悪

というような認識を持つ人がいますが、
それは西洋的な価値観であり、
仕事そのものは悪くありません。

ただ、
仕事の内容を好きでやっているかどうかによって、
幸せになれるのか、
不幸になってしまうのかが決まるわけです。

つまり、何が言いたいのかというと、

仕事と趣味は同じものである必要がある

ということです。

仕事と趣味は同じもの

仕事と趣味は同じものというと
少し抵抗を感じるかもしれません。

ですが、きっとあなたの周りに
仕事を生き甲斐にしている人はいます。

その人は、
仕事を趣味のような感覚で捉えています。
だから生き生きと楽しみながら
仕事をすることが出来ます。

「でもそんなこと言っても、
好きなことばかりしてたら稼ぐことは出来ないよ!」

という声が聞こえてきそうですね。

その通りです、それは人によりきりです。

例えば、子供は好きなことばかりしていますが、
でも稼ぐことは出来ません。

 

好きなこと(趣味)=仕事

になっていないわけです。

 

抽象度が上がれば、やりたいこと100%の生活になる

では、好きなことが仕事になる人、
趣味が仕事になる人ってどんな人でしょうか?

・・・

それは抽象度が高い人です。

抽象度という概念は非常に重要なので、
少し説明しましょう。

抽象度とは情報量の大小の度合いを表した言葉です。
分かりづらいので例を挙げましょう。

ブルドッグ、チワワ は「犬」ですよね。

犬、人間     は「哺乳類」です。

これを抽象度順に並べ替えるとこうなります。

ブルドッグ、チワワ   ←抽象度が低い

犬、人間

哺乳類     ←抽象度が高い

図で表すとこうなります。

どうでしょう、なんとなく分かりましたか?
つまり、抽象度が高ければ高いほど、
包括する情報量は多くなります。

組織で言えば、
社長は抽象度が高く、
社員は抽象度が低い作業をしている
とも言えます。

抽象度について分かったところで
話を元に戻しましょう。

趣味が仕事になる人とは、
抽象度が高い人と述べました。
これは視点の高い人とも言えます。

つまり、自分だけではなく、
他人の幸せも幸せだと感じることが出来る人です。

他人を幸せにすることが好きであれば
自然とお金を稼ぐことが出来るので、
仕事=趣味ということになります。

これがまさに成幸者のマインドです。

抽象度を上げる方法

そして、実はアファメーション、
ビジュアライゼーションをすることによって
抽象度を高めることが出来ます。

ですから、まずは
アファメーションをしてみるのがオススメです。

好きなことを仕事にできている
未来の自分になりきってイメージする。

これをできれば毎日していきます。

これが習慣化し、抽象度が上がれば、
何の努力をしなくても自然と幸せになります。

なぜなら趣味が仕事になっているからです。

まとめ

仕事と趣味は本質的には同じであり、
金銭的対価が得られるかどうかの違いがあるだけです。

そして、好きなことを仕事するためには
抽象度を上げる必要があり、
そのための方法として
アファメーションを紹介しました。

ぜひアファメーションを習慣化して
好きなことを仕事にしている未来を
築いていってください。

【保存版】好きなことを仕事にすることを批判されたときの3つの対策

2019.01.03

【新しい働き方】落合陽一さんが語る「ワークアズライフ」を実現する方法

2018.12.29

21世紀に必要な「仕事=趣味」という感覚~脱ワークライフバランス~

2018.07.10

1 個のコメント

  • いわゆる、今時の表現をするならば、
    「激しく同意します」ということになりましょう。

    しじみ、一緒に食いたかった…。

  • コメントを残す