死を意識することで、本当にやりたいことを見つける

あなたにはやりたいことがありますか?
あの有名なスティーブ・ジョブズは
大学の卒業式の講演で
こんなスピーチをされています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
17歳の時にこんな言葉を読みました。

「毎日を最後の日であるかのように生きなさい。いつか必ず素晴らしい人物になれる。」

私は感銘を受けました。
それから33年間、毎朝鏡を見て問いかけました。


今日が人生最後の日なら、今日することは自分がしたいことだろうか?

長い間答えがノーであるときはいつも
何かを変える必要があるとわかるのでした。

そう遠くないうちに死ぬと認識することは、
大きな選択をする時に助けてくれる
私にとって他にない重要なツールです。

なぜならほとんど全てのこと−
外部の期待や自分のプライド、挫折や屈辱への恐れは全て、死に際して無くなり本当に重要なものだけが残るからです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
スティーブ・ジョブズはこのように、
自分が死ぬ状況を考えることによって
本当に心の底から望むやりたいことを
見つける作業を毎日繰り返していたわけです。


このような考え方は非常に大切です。
私自身もときどき、
自分が死ぬときになにを思うだろう?
何をすれば満足できるだろう?
と問いかけています。
ぜひあなたもやってみてください。


鏡を見て問いかけましょう。

“今日が人生最後の日なら、
今日することは自分がしたいことだろうか?”

その答えはイエスですか?
それともノーでしょうか。

もしノーであればあなたは何かを変える必要があるはずです。

コメントを残す