【この世は幻】現実は幻想に過ぎない理由とは?

こんにちは、桑本です!

「この世は幻であり、幻想です。」というと驚きますか?
私たちは脳や心の授業を学校でほとんど学ばないので、
この世界のことをあまりにも知らなさ過ぎています。

夢や願望を実現するためには、
この世は幻という知識は身につけておくことが大切です。

今回は、なぜ「この世は幻」なのか?
また、幸せな生き方とはなにか?
について具体例を交えながら解説していきます。

「この世の正体」を理解し、
自分の人生を自由に歩んでいきましょう。

この世は幻

今見えている世界は実は幻だと言うと

あなたは驚くでしょうか?

実はこれは昔から仏教で言われていたことであり、

現代の科学によっても明らかになりつつあります。

目の前のリンゴはある?ない?

リンゴを例にして説明しましょう。

目の前にリンゴがあったとします。

赤くて美味しそうなリンゴ。

手に取ると適度に冷たく、
匂いを嗅ぐと甘い香りがし、
食べてみるとジューシーなリンゴの味がします。

さて、
この美味しいリンゴですが、実は幻なんです。

正確に言えば、
あるとも言えるし、
ないとも言えるということです。

「いや、でも明らかに目の前にリンゴがあるし、
ちゃんと触ることも出来ますよ。」

と思うかもしれませんが、

そういう風に感じさせているのは
あなたの脳であり、心です。

あなたがそう感じているだけであって、
確実にそこに実在するとは言い切れません。

つまり、この世のあらゆる存在は
一見あるように見えるけれども、
実は脳が作り出した幻だ
と言えるわけです。

この世界は「脳と心」によって生み出されている

そのため、私たち人間は
脳に魅せられた幻の世界を
生きていることになります。

これは映画「マトリックス」の世界と同じです。

脳にコンピューターを接続し、
バーチャルな世界を見せ、
それをリアルだと感じ、臨場感を持つと
それが自分にとっての現実世界となるわけです。

私たちが普段目にしている
あらゆるものは可視光線ですが、

それは波長が380nm~780nmの電磁波です。

その電磁波を脳が認識し、
映像として理解しているわけです。

そのため、目の前のリンゴは
電磁波を色として解釈しなかった生き物にとって
存在していないわけです。

ということは、

この世界は解釈によってどのようにも変わる

ということになります。

つまり、

この世界は脳によって生み出されている

と言えるのです。

この世は幻でも、お腹は減る(笑)

そうは言っても、
時間が経てばお腹は減るし、
ずっと起きてれば眠くもなります(笑)

これは幻だと言われても、
実際この感覚はリアルなもので、
そう感じるのだからしょうがないわけです。

このような人間が持つものを煩悩と言うわけです。

煩悩があるから、幻である世界を
現実のものとして、
まさにそこに実在するように
認識しているのです。

幻の世界でどう生きていくか?

じゃあ、この幻の世界で
私たちはどう生きていくべきなのでしょうか?

「この世界は幻なんだから好き勝手すればいい」

という人もいるでしょうし、

「自分の煩悩を消して悟ろう」

とする人もいるでしょう。

しかし、これらは現代において
幸せな生き方とは言えません。

煩悩を全面肯定すればIQが下がり、
様々な罠・勧誘に引っかかりやすくなります。

また、煩悩を消してこの世から去るほど
辛い時代ではありません。

煩悩をコントロールする

この世は幻であると十分理解したうえで、
現代において重要かつ幸福な生き方は、

煩悩をコントロールして生きるということです。

つまり、感情をコントロールすることです。

「何かを買いたい」
と思えば買えばいいです。

「美味しいものを食べたい」
と思えば食べればいいわけです。

でも、それらの気持ちを抑えることも
出来なければいけません。

この世は幻なのだから、
自分のこの感情も幻だと思えることが大切です。

このように、
この世は幻だと知れば、
自分の感情・煩悩を冷静に観ることが出来ます。

煩悩をコントロール出来るようになれば
他人からの甘い勧誘や誘惑に
流されることも無くなり、
抽象度の高い思考が可能となります。

つまり、
高い視点で物事を考えられるようになります。

現代における幸せな生き方は「抽象度を上げる」こと

抽象度が上がれば、
自分の幸せはもちろん、
他人の幸せも実現できるようになります。

まさにこれこそが現代における
幸せな生き方、考え方と言えます。

この世は幻ではあるわけだけれども、
自分には心があり、他人にも心がある。

その心という存在を慈しみ、
仮の役割・存在を持たせたうえで
自分も含めた周りの人を幸せにする人生を送る。

これこそが、
ゆるぎなく幸福な人生であり、

社会に幸福な人を増やし、
世界をより良く変えていくことにつながります。

まとめ

この世界は幻というと悲しい気持ちや
嫌な気持ちになる人もいるかもしれません。

しかし、そう感じる必要はありません。
なぜなら、感情、煩悩はあってもいいからです。

釈迦は菩提樹の下で悟った後、何をしたと思いますか?

ご存知の通り、
悟りを世の中の人に広めていったわけです。

つまり、あの釈迦でさえ

「悟りを広めたい!」

という感情・煩悩があったわけです。

つまり、煩悩はあってもいい。
むしろ、このような抽象度の高い大きな煩悩は良いことです。

ですから、煩悩を消そうとせずに、
ぜひ世の中のためになる大きな煩悩を持っていただければと思います。

それが自分はもちろん、人々の幸せにつながりますからね。

4 件のコメント

  • 面白いですね。プラトンのイデアやデカルトの二元論みたいなものかな?

    私も人間の可視光線以外しか反射しない生物がいた場合、人間にとってその生物は存在するのかしないのか考えたことがあります。

    将来、抽象度を上げた思考から重力操作の能力が生まれたら、100メートル走2秒とか夢じゃないですね(笑)

    • コメントありがとうございます!

      勉強不足で恐縮ですが、二元論ではなく一元論に近いものだと理解しています。物理と情報は同じ(物理は情報に含まれる)という内容です。

      残念ながら、いくら抽象度を上げた思考をしても物理法則は変えられないので不可能です…。瞑想空間では可能ですが。

  • まあ生きている確率が
    人間の一生の時間(80)/宇宙の時間(∞)≒ゼロ
    ですからね。
    生きていること自体がおかしい=この世は幻です。

    • 宇宙の時間スケールで考えると、人の命は儚いものですが、その時間そのものも、人の認識によって生まれていると考えられます。

      「この世は幻」という意味は、目の前に広がっている物質的な世界も実は情報だという部分にあります。ネガティブな発想に聞こえますが、これをポジティブに捉えることで、自分の感情に振り回されにくいマインドを手に入れることができます^ ^

  • コメントを残す