頑張らないことが大切。やりたいことだけやろう!

 

こんにちは、桑本です。

あなたは今なにかに頑張っているでしょうか?

・仕事で遅くまで残って頑張ってる
・資格のために勉強を頑張ってる
・頑張って彼女を振り向かせようとしている
・筋トレに頑張っている
・ダイエットのための食事制限を頑張っている

などなど、頑張るものは人それぞれです。

このなかでも、

自分のやりたいことや目標に向かって頑張っているなら素晴らしいですよね。

今の頑張りが将来の自分の役に立つわけなので、
とても有意義で価値のある時間だと思います。

その一方で、
やりたくないことや将来の自分にとって
役に立たないことで頑張っているとしたら
それは大きな問題です。

よくあるのが仕事です。

仕事が忙しく、締め切りに追われている状態では
なかなか早く帰れないので、しぶしぶ残業しなければならない。
そうすると、月30時間は当たり前、
多ければ50時間を超えることもあるでしょう。

さらに、その状態で家にパソコンを持ち帰り、仕事をするのは問題外です。
「異常な生活」と言わざるを得ません。
(実際に僕の知り合いでは多いですが。。。)

残業代がなければ生活が困るというのであれば、
頑張る価値はあるでしょう。
生活費のためには仕方がありません。

でも、別に残業代を稼ぎたいわけでもなく、
仕事を遅くまでやっていたいわけでもないのに、
残業しなければならない(=have to)状態であれば
即刻その生活から抜け出すための方法を考えるべきだと思います。

それは、
転職でもいいし、一時的に無職になってもいい。
独立・起業してもいいんです。

何かしらの希望を見いだせるものを探して、
そこに向かって進んでいくことをしないと、
その不満な現状からは
いつまで経っても抜け出せられません。

僕の場合、その手段はコーチングでした。

僕は昔から、人生について考えるのが大好きで、
暇さえあれば将来の人生について考えていました。

「どうすれば幸せな人生を送れるのか?」
「どうすればこの不満な生活から抜け出せるか?」
「幸せとは何か?」
「自分の宿命は何だろう?」
「将来はどんな人になりたいのか?」

などなど。

こういうことを考え、実際に行動するのが大好きでした。

そしてある時、気が付きました。

「あ、自分が今までやってきたことは

コーチングっていうものだったんだ!」

と。
それからは徹底的にコーチングを学び、
今では他の人に教える立場になっています。

なので、あなたも、僕のように何か
熱中できるものを探してみてほしいです。

きっと何かあるはずです。

それを毎日、自問自答し、

「自分のやりたいこと、大きな目標はなにか?」

を考えてみてください。

数ヶ月、数年はかかるかもしれません。

でも、それだけの時間をかけても
探す価値のあるものだと思います。

「自分の夢は〇〇なんだよ。」

と堂々と言える人になりましょう。

・・・

冒頭でお話していた

「頑張る」

ということについて動画で解説しました。

実は、「頑張る」ことは
脳科学的によくないことが分かっています。

そして

頑張らずに人生を変えることも可能

で、そこに努力は不要です。

詳しくはぜひ動画でチェックしてみてください。

コメントを残す